« 天然パーマと真ん中っ子の宿命 | トップページ | 帯広*動物園と岩盤浴篇 »

2006年7月 2日 (日)

帯広*温泉とバイオリン篇

なんだかひさしぶりになってしまいました。

1泊2日で、うさぎのいる帯広へ行ってきた。
彼女の完璧なスケジュールのおかげで
はじめての帯広をものすごく満喫できました。
あんまりすばらしいのでくまなく書くぞ。

まず、1日目。
ものすごい晴天。
旅行はあんまり雨降ったことのない晴れ女発揮だー!!
Imgp1963





お昼すぎに帯広に着いて、
うさぎの小ささにあらためて驚く(再会のごとの恒例)。
不思議なオブジェとシカの銅像に目を奪われながら
駅前を進む。ほんと、独特…。

まずは、六花亭本店で昼食。
よくお土産屋さんは見かけるけれど、そこはお食事もできました。
店頭に並んでるケーキも食べれるし、
それよりピサがたくさん!!
おどろくことに、ものすごくおいしい。
デザートに頼んだマンゴープリンもはじめての食感で
ものすごくおいしい!!
一軒目にして、やられた。
やるな、帯広。
Imgp1964




食後は、街並みを見つつうさぎの職場を見学して
すぐにうさぎ母にお迎えに来てもらう。
初!うさぎ母。
おっとりしてて『うさぎと正反対かもー』と思いきや
マイペースというかアバウトな感じが血を感じる。
でも、この旅で本当にいたれりつくせりして頂きました。
ありがとうございます。

うさぎ母の車で、まずドリカム記念館(名前はてきとう)へ。
ミワちゃんの出身地なんだったね。
今までコンサートで着た服を展示してあったり、
予想外に楽しかった。
しかも無料!行っても損はないです。

で、池田ワイン城で樽に入って記念撮影をし、
Imgp1970

(おもしろすぎるよ、うさぎ)



ハピネスデイリーでアイス(チョコチップ!!)を食べて
モール温泉(十勝川温泉 観月苑)へ。
不思議なこけしがお出迎えしてくれて、ちょっとびびった。
けど、うわさ通り最高の温泉でした。
入った瞬間から、肌がちがうの。
つるっつるなの。
これに入りに帯広来てもいいくらい、気に入りました。
しかも観月苑は、露天風呂からの景色もよかったー。
川とか緑が見えて、気持ちよさ倍増。
みなさま、帯広に行ったらまず温泉です。

すっきり、すっぴんになったところで
今度は、うさぎ父・うさぎ母がお迎え。
初!うさぎ父!なのに、すっぴんだぜ私は~。
ちょっと照れつつ、うさぎ宅でしゃぶしゃぶをごちそうになる。
最近、食欲をとめれていない私はご飯をおかわりする。
もうすぐ25歳なのに、いいのか・・・私!?
うさぎ父の雰囲気は独特で、ものすごぉいマイペース。
家族全員のトークがかみ合っているのかさえ、私には不明(笑)。
でも、うちとは違う家族の中に入るってたのしー。

うさぎ宅で、ごろごろしつつ身支度をして
夜の帯広へ繰り出す。
ウワサの花嫁さんにあいさつを済ませ、
うさぎ行きつけのバーにおじゃました。
そこには、店長の奥様とアメリカ人の旦那様が。
すげー、インターナショナルですね。
まっすぐ目を見て話す奥様も、
おもしろいことを(もちろんあっちののりで)連発する旦那様も
すてきな人でした。
何よりも、奥様が趣味で持っていたバイオリンに触れたのが
人生はじめての経験で感動した。
ワンピースにも合っていると言われ、記念撮影にも満足♪

その後、突然『カラオケ行くか!!』となって
うさぎと奥様・旦那様とカラオケへ。
(しかも突然店も閉めてしまっていた)
2時まで歌い、1日目は終了…。
寝る寸前に、うさぎの恋人が
『サッカーをしていて鼻がまがった。けど自力で治した。
でも血がとまらない』と聞いた。
こわいよー、お願いだから病院へ行ってと願ったのも束の間で
ぐっすり眠りにつきました。
長くなっちゃいましたが、やっとこ1日目終了・・・。

|

« 天然パーマと真ん中っ子の宿命 | トップページ | 帯広*動物園と岩盤浴篇 »

コメント

樽写真、早速わたしのブログにも使ってしまった。
別々のブログに、お互いのこと書くのって、
なかなかにたのしいわね。
トラックバックします。
mikiちゃんも、して。

たぶん、うちの家族は、かみ合ってないでしょう。
すごいよな、家族なのに。

ちなみに、恋人は次の日鼻がはれて
「キン肉マンのようになった」らしく、
病院に行ったのだそうです。
骨折してたけど、ちゃんとはめたから、
お医者さんもびっくりしてたって。
こわすぎる。

投稿: うさぎ | 2006年7月 2日 (日) 22時22分

うわー!楽しそう!!
うさぎのブログと兼ねてみたけれど、
本当に満喫できたようだね!
あたしも旅にいったような気分になって、
楽しませてもらいました!!
うさぎの樽、うけるーーー!!
このままもってかえっちゃおっかな(笑)
外国人とのバー、この夜の出来事なのね、
お電話のかすかなBGMでも
雰囲気を味わせてもらったよ。

あたしも帯広、いきたし!
誰か、あたしの休み希望数を増やしてください…!

投稿: Dormy | 2006年7月 3日 (月) 22時56分

>うさぎ
トラックバック、やってみますっ。
本当に楽しい旅のプロデュースありがとう!
君の恋人には、私からもいたわりメールを
しておくよ…。
次会ってあのすてきな鼻がきんにくまんに
なっていたら、私は悲しいです。

>Dormyちゃん
ほんと帯広たのしいよー!!
そして君からの電話もとってもうれしい
出来事でした。
旅の最中にそういうのがあると余計テンション
上がるよねー。
ありがとうねっ。

投稿: miki | 2006年7月 4日 (火) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯広*温泉とバイオリン篇:

» 池田町めぐりと十勝川温泉「観月苑」。 [ABSOLUTE LIFE]
mikiちゃんが、帯広にやってきた。 道央圏からはるばる帯広までやってきてくれたのは、 恋人とmikiちゃんだけだ。 両親も、 「あんたのともだちがくるなんて、めずらしいね」 と言っていた。 はい、わたし、ともだち少な... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 22時23分

« 天然パーマと真ん中っ子の宿命 | トップページ | 帯広*動物園と岩盤浴篇 »