« ラヴぃ | トップページ | からだの異変 »

2006年7月14日 (金)

夏のメニュー

昨日もり上がって書いて早々、
Mステでリップスライムとくるりを見てしまった…。
岸田さんは、なんてかっこいいの。
あんな肌きれいな男の人見たことないわ。
ペスもかわいかったぁ。

それはさておき、最近やたら暑い。
暑さにも弱いけど、クーラーも扇風機もあまり
得意じゃない。すぐ頭ががんがんする。
なので夏は好きなようで毎年ばてます。
今年もそろそろ食欲も落ちてくる頃だなぁ。

と、いうわけで、そんな時やたら食べるのがそうめん。
去年、夏中盤にはそうめんに飽きてしまったので
今年は今からレパートリーを増やすべくがんばってみた。
全部、うけうりですが実践しておいしかったやつを紹介しまっす。

①焼きそうめん
茹でてある麺を(数日前とかにでも可)
フライパンで焼く。
あればゴマ油だと、より香ばしい。
で、表面がかりっとしてきたら、裏返してそちらもかりっと。
それを、味ぽんで食べる。これだけ…。
食材が何もないときも作れるのですき。

②豚しゃぶみそだれそうめん
麺はふつうにゆでる。
豚バラを茹でる。
きゅうりを細く切っておく。
たれを作る。
…めんつゆ(めんみをつけ汁の割り合いで薄めたもの)カップ1と1/2
と、みそ大さじ1、白ゴマ、あればしょうが汁をまぜる。
たれに豚ときゅうりを入れ、わしゃわしゃする。
麺を器に入れて、上からタたれと具を混ぜたのを
どわーっとかける。

これは、本気で、おいしいです。
教えてくれたケンタロウを尊敬する。

あと、ふつうにそうめん食べるときに
たまご焼きとか、ソーセージ焼いたのとか用意して
一緒に汁につけて食べるとおいしいの。

暑い日はいやだけど、お腹痛かったり風邪のときは
茹でる前の麺を半分に切って、お味噌汁に入れると
さらっと食べれます。

そんなわけで、夏は遊びすぎてお金のない一人暮らし人も
多いと思うので、これでしのぐ方法をおすすめします。
そうめんは強い味方だっ。

|

« ラヴぃ | トップページ | からだの異変 »

コメント

まかせて安心、ガスキッチン!(BYケンタロウ)
うまそうだね。今度うちで作ればいいのに。
(②希望)

投稿: さやっこ | 2006年7月14日 (金) 21時50分

豚しゃぶいただき~☆
今度作ってみますっ!
私的には扇風機のみで過ごせる北海道が奇跡です☆
夏は本来こういうもんだぁねぇぇ♪

投稿: やすけん? | 2006年7月14日 (金) 23時24分

一人暮らしだと色々食生活が大変ですよね。
あとは夏バテ・・・これは気合いだけじゃ
どうにもこうにもなりませんね。
毎年、大型犬みたいになっています(笑)
もう身体も心もダルメシアン(?)です
mikiさんも気を付けて下さいね。
ちゃーんとご飯は食べるようにして下さいね。

投稿: チャイ | 2006年7月14日 (金) 23時43分

>さやっこさん
作りましょう!
さやかさんちのキッチンは広くて
作りやすそうですし!!
②ですね、了解です☆

>やすけん?さん
ほんとにおすすめなので、やってみて下さい!
たぶん簡単すぎてびっくりだと思います。

私は北海道の(しかももっと過ごしやすいところの)出身なので扇風機以外のものに適応できてません。たぶん、ここは出れないんだろうなぁ…。

>チャイさん
ダルメシアンかわいくて好きですよ。
犬があっつくて、だれてるところって
なんかかわいんですよねー。
食欲は…落ちてくれるといいんですが
まだものすごい食欲で逆に困ってます。
健康ということなのですが…痩せたい。

投稿: miki | 2006年7月16日 (日) 20時29分

そうめんは、わたしもよく食べてました。
ぜったい家にストックしてたもの。

わたしもさやっこさんちで、②希望。
呼んで。とんでくから。

投稿: うさぎ | 2006年7月17日 (月) 19時56分

おいしそー!
最近晩御飯、すっかりつくらなくなったな..。
②、すごいよさそう★
あたしもそろそろ自炊復帰しないとなー。

投稿: Dormy | 2006年7月18日 (火) 00時37分

>うさぎ
まじっ。うさぎならほんと飛んできそうで
うれしいね。
じゃあ、みんなに②披露するかなっ。

>Dormyちゃん
忙しくて、一回途切れちゃうと作らなくなる
よねー。
でも、無理はするんじゃない!
また近所に住んだら作りに行ったあげる♪

投稿: miki | 2006年7月20日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のメニュー:

« ラヴぃ | トップページ | からだの異変 »