« 洋楽を歌う | トップページ | 590円-525円 »

2006年9月25日 (月)

69 sixty nine

Dvd_rental_2
加瀬 亮の映画を
くまなく見てやる第二段。




おもしろかったー。
実は、村上龍の小説って読んだことないし
キャストもほんのちょっとしか知らなかった。
なので、見てびっくり。

太田莉菜が出てるよ…。
こんな感じで↓
Photo040401_7b_1
犯罪的に
かわいんですけど。

ストーリーが、というよりも
キャストの選び方のうまさにやられたー。
話のキャラにぴったり。
(と、いっても本を読んでないけど)

柴田恭平と村上淳のかっこよさにきゅんとしたし。
新井浩文(GOにも出てた)には
めちゃくちゃ笑った。

加瀬亮は、もちろんかっこよかったです。
どもる話し方と、前髪が気になるんだよー。
卑怯くさい役柄もおもしろかった。

なーんにも考えず楽しめる映画っていいよね。
なかなか好きです。
学生の時、もっとバカやっておいてもよかったなぁとか
思ってしまったわ。
授業さぼって、近くの海で泳いだりしてたのは
まだ甘かったな…。
今からでも、何かやらかそっかなー。

|

« 洋楽を歌う | トップページ | 590円-525円 »

コメント

自分は安藤政信がツボやったねぇ、
カッコよすぎる!

投稿: やすけん | 2006年9月25日 (月) 22時07分

>やすけんさん
わたしもこの作品で安藤政信が
かっこいいという人の気持ちがわかりました。
あの、だまっていればかっこいいのに…って
いう役もよかったですよね。
やっぱりどこかはずしがないと。

投稿: miki | 2006年9月27日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洋楽を歌う | トップページ | 590円-525円 »