« もぬけの殻 | トップページ | 麻生っこ集結 »

2006年9月20日 (水)

好きだ、

加瀬亮が出ている映画を
くまなく見てやろう作戦の第一弾。

Redv346_l_1








ものすごくよかった。
ストーリーがシンプルだから、
(簡単すぎる感じではなく、
ごちゃごちゃ余計な背景がない)
ひとつひとつのシーンにじっくり時間を
かけられているのがいい。
全てが印象的で、時間さえあれば
全部思い出せるんじゃなかろうか、というくらい。
どのシーンも、かなり好きです。

宮崎あおいと、西島秀俊はすごかった。
まず宮崎あおいは、実は映画に出ているのを
はじめてみたんだけど
ドラマとかで見る印象と全然違って
ある意味カルチャーショックを受けた。
そのくらい、自然な動きで、でも釘付け。

ずっと前から、生まれ変わったらこんな顔に
生まれたいと思っていたんだけど
かわいいだけじゃなかった…。
まねっこして、髪をまた伸ばそうとか思う。

西島さんは、表情の変化がものすごくうまくて、
いちいちドキッとさせられた。
ふだん何気なく、誰もがしてる表情なんだけど
映画で見るとすごい、と思ってしまうのはなぜ。

加瀬亮も、もちろんいました。
時間は少しだけどインパクト大。すてきでした。
やっと彼のどこが一番好きかわかった!
首…!ただしくは、のど…!!

そんな部分フェチの話はよいとして。

宮崎あおいの髪だけでなく
いろんなシーンもまねしたくなった。
引越す前のがらんとした部屋で
キャンドル(ホルダーとかいれずにカップのまま)を灯して
お酒を飲むとか。
もちろん一人ではなくて、誰かと語りたいです。
次、引越す前にやろう。

まだまだ、見るつもりです。

|

« もぬけの殻 | トップページ | 麻生っこ集結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好きだ、:

« もぬけの殻 | トップページ | 麻生っこ集結 »